乳癌をあきらめない|様々な治療方法がある

一人一人に合わせた治療法

病院

一口に免疫療法と言ってもいくつか種類があります。患者さんのがん細胞や免疫細胞を検査したうえで、最も効果的な免疫療法を決めます。手術などとの併用も効果的です。免疫療法は自由診療扱いですが、民間のがん保険が適用される場合もあるようです。

Read More..>>

発展するさまざまな療法

乳癌に有効的な治療を受けて症状緩和を目指しましょう。早期発見が完治の鍵になりますよ。定期的に検診を受けることが一番大切です。

初期段階がカギ

女性

乳癌は、早期に発見し治療することで再発のリスクを下げることができます。また、放射線療法、薬物療法、乳房切除後の再建手術や、温存手術など医療技術も進化しています。乳癌の治療として最も基本となるのが手術です。何故なら、身体の中に出来た癌細胞を手術によって取り除くのが、根治への近道といえるからです。手術後は、放射線療法や薬物療法の治療効果の成功率も高くなります。乳癌治療は、手術法などによっても入院期間が異なりますが、大抵は1週間から10日程度です。手術後は翌日から普通に食事や歩行が可能になるので、積極的に身体を動かすのがよいでしょう。現在、乳癌は医学の進歩で生存率も高まり、再発も防止できる病気です。早期に発見し、根気よく治療することがカギになるのです。

手術以外の方法

最近、乳癌の手術に対する考え方も大きく見直され始めています。医学の発達により、乳癌の治療技術は目まぐるしく進歩しています。手術重視、抗癌剤投与が基本とされる治療から、化学療法やホルモン療法、放射線療法などを組み合わせ、より良い治療を行うことが出来るのです。放射線照射は、癌組織を死滅させる効果を持っています。薬物療法に用いられるのは抗癌剤などの化学療法、ホルモン療法などですが、予想される効果や副作用などについては十分な説明を受けましょう。きちんと治療して不調を改善するためには乳癌を理解し、確実な方法で有効な治療法を選択することはとても大切です。内科、外科の主治医と相談の下で一番適切な方針を決定し、内容を理解し安心して治療に専念しましょう。

がん免疫治療の内容

医者

がん免疫治療には、NK細胞療法や樹状細胞ワクチン療法、活性化Tリンパ球療法などがあります。がん免疫治療は副作用が少ないことが特徴で、抗がん剤や放射線によるがん治療でも治らなかったがんも治る可能性があり、脚光を浴びています。

Read More..>>

健康診断を受けましょう

院内

病気の早期発見に大切な役割を果たしているのが健康診断です。健康診断では血液検査や心電図などの基本的な項目のほか、追加で様々な検査を受けることができるようになっています。平野区に住まいのある方で健康診断を受けていない方は、最寄りの病院で積極的に健康診断を受けるようにしましょう。

Read More..>>